あなたは
アクセスカウンター
アメリカンイーグルエバーカラーワンデーhttp://www.e-creditcard.info/アクセスカウンター帽子の通販

番目のお客様です



ホーム    





2019年1月1日更新  
 

順天堂大学 国際教養学部 特任教授
            (人材育成とキャリアマネジメント)
       
本郷お茶の水キャンパス就職支援室長



2019年1月1日 

謹賀新年
 昨年は読書三昧と音楽鑑賞、多少の旅行と体調維持、大学での就職支援などで、著作活動はお休みにしました。需要なき供給に倦んできたこともあり、読むべき本が山積みであることもあり、ブログもなんとなく馬鹿馬鹿しくなり、いじらず、読書ノートも表に出すべきものでもなく、このまま全て消してゆくか、あと1冊は昔の調査記録を出すべきか、春になれば考えます。ともあれ国際教養学部設立一期生からおつきあいし、ようやくこの3月に卒業生を出します。これをもって最後のご奉公でいいかな、とも思い、それにつけても就職支援の各種マニュアルから実践まで、よくもまあ根據のない百鬼夜行であるなと感慨をあらたにしたり(当方は百一鬼目かもしれず…)…、ま俗物は隠遁しきれません。


2017年4月30日 



『産業社会学論集W 中高年の転職・失業・定年・引退』を出しました。他の本と同様、自費出版で売れる見込みはなく、アマゾンのみで少数、販売します(他の3冊同様、調査報告集ですから「退屈」ですよ。面白おかしくはありません。理論・モデルは嫌いですから、書いてません。承知でお買い求め下さい)。転職・失業といえば若年者のフリーターだのニートだのが話題ですが、なに若年失業・転職は昔から話題。結局のところ大して目新しいことじゃありません。それより中堅以後の組織人の選択と組織からの選別のほうが当方には興味がありました。結局のところ、境遇の差は甚だしく、例えば、著名大企業で定年を迎えたり、定年前に出向先を世話された人と零細企業での失業を繰り返した人とでは老後の格差は大きい。若年者や子どもの貧困など今さら気がついたメディアがよほど呆けていたのでしょう。零細企業の女性の失業者を見れば、重要な問題は男女差じゃない。女性間の格差も大きい。組織の選別は、調査当時より強まっているでしょう。労組だって大多数の管理職から労働者には無縁の存在。ごく普通に失業していく多くの人の声は、当たり前すぎるのか、メディアは伝えない。結局、皆、自分のキャリアは自衛するしかない。無礙に選別しない優良な中堅企業にうまく転職するアイデアをも、多くの人から貰いました。


2016年10月27日 


『産業社会学論集V 会社員の境遇と心情編』を勤労感謝(Labor Day)の日に書き終え、10月26日発行しました。延べ3000人近いサラリーマン、OLへのアンケート調査結果の再録です。戦後混乱期から高度成長を支え、バブル経済の崩壊までを見た人々の「心情」の一端です。理論もモデルも仮説検証も体系もありゃしません、一時代を支えた人々の声の、質の悪い録音機による一録音。私の老後があるのもかく業務現場で働いてきた人々のおかげ。非力の身、何の報いもできなかった。ただ感謝あるのみ。


2016年3月15日 


『産業社会学論集U 中小企業とその経営者編』を4月12日に新翠舎から刊行、Amazonで販売しています。地場産業から卸小売り、宿泊産業、ソフトウエアとアンケート調査で渉猟してきた記録です。できるだけ業種を限定しました。中小企業一般論ができない頭の構造のせいです。一部、勝手な提言が含まれています。その後の変化を問われると困るのですが、一時代の観察者の眼のまま。



2015年12月10日 



『みる よむ わかる 精神医学入門』(朝田隆監訳)に共訳者として参加しました。もちろん医学は素人ですが、文芸作品などにみる心の動きに関わるところは、かつて文学部に属したりその後も経営心理学の本を読んでいたので多少貢献できたかと思います。服部裕之先生との縁です。


2015年10月20日 


『産業社会学論集T:労働社会学研究編』を新翠舎から刊行しました。主としてamazonで販売します。1980年頃から20年、調査の仮説設定を兼ねて書いてきたもの。昭和は昔ですし産業社会学、労働社会学ともに絶滅危惧種だと聞きましたが、天の邪鬼ですので、あえてまとめました。


2015年8月15日 


『人材育成論集V:論考と随筆編』を新翠舎から刊行しました。1985年頃からの30年、おりにふれて書いてきたものです。時代に流され、矛盾したことばかりを書いてきましたが、一人の「時代の傍観者」の随論です。アマゾンで販売しています。なお人材育成論集シリーズは幾つかの大学に寄付したのですが半数ほどからは受け入れられず廃棄処分になりました。愚論ゆえ自業自得なれど、人材育成論、不用かなあ・・・長谷川素逝に「天よりの喜雨のひとつぶ落ちにけり」という句がありますが「天よりも喜雨の全く訪れず」という気分ですね。



2015年7月15日 


『人材育成論集U:講演記録編』を新翠舎から刊行しました。『人材育成論集:中小企業篇』の続編です。1990年ごろから2010年ぐらいまでの、20回の講演記録です。今さらながら時代の変化に驚きます。それに流されて状況を述べた部分には恥じらいを感じますが、一貫して人材育成の大切さを言ってきたような気がします。羊の遠吠えでした。乱暴な議論ですが、よければご高覧ください。



2014年8月10日 

『組織改革論集:労働組合編』を新翠舎から刊行しました。前世紀末の社会変動に対応する労働組合の組織風土革新に関する提言、論評をまとめたものです。いささか古い議論で恐縮ですがAmazonなどでお求めください



2014年4月10日

監訳書『IBMのキャリア開発戦略−変化に即応する人事管理システムの構築−』同友館から刊行しました。アメリカのIBM本社でキャリア支援制度の立案に携わった原著者による事例研究を、企業人仲間と共訳しました



2013年3月25日
『元気な中堅企業の人材マネジメント』を同友館から刊行しました。1600社の訪問調査の集大成で、10数社のケース研究と、多くの事例からの、私なりの、中堅企業経営者・管理者向けの教訓集です



2013年10月20日

『仕事と組織の寓話集−フクロウの知恵−』が新翠舎から再版になりました。仕事・組織・人事に関わる随筆集です。Amazonでお求めください。Kindle版もあわせて刊行しました。



2013年11月15日

『社会調査屋気質ー技法以前の話ー』を新翠舎から刊行しました。主としてAmazonで、電子書籍版を含め販売します。私の職業人生の集大成で、社会調査屋の気構え、調査産業への批判、調査の品質管理、も論じています。調査技法は書いておりません。私的な悪口雑言に満ちていますので赤面の至りですが。



2013年12月7日
 
『人材育成論:中小企業編』を新翠舎から刊行しました。主としてAmazonから、電子書籍版も含め、販売しています。今まで書いてきた人材育成論のうち、中小企業に関するものを集大成しました。25歳頃から65歳まで40年間、ほぼ1600社を歩いて教えられてきたことの集大成です。大企業もまた個々の職場をとれば中小企業と同じかもしれません。事例が中心ですので、参考になるかもしれません。